FdPlay2(インターネット版)を実行するためにはJavaプラグインが必要です。
まず,次のページからJavaソフトウェアをダウンロード・インストールください。
[Sun Microsystems社のページからJavaをダウンロード]

インストール後に再度[Play]ボタンをクリックください。FdPlay2(インターネット版)が起動します。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FdPlay2(インターネット版)のデータを読み込んでいます。少しお待ちください。

ここで使われているデータの基礎になっているのは,
中間・期末過去問集FdData社会歴史(定価7,200円)です。

この範囲のFdDataのサンプルファイル(PDF形式)は,
[中間期末過去問集・社会歴史:奈良時代(32頁)]
[中間期末過去問集・社会歴史:平安時代(33頁)]

あくまでもサンプルですので,印刷や編集はできませんが,全内容を掲載しております。 中間・期末対策で実際に出題される問題の9割以上は,この過去問集と類似の問題です。 成績アップにお役立てください。


【FdData中間期末・高校入試過去問 無料閲覧ソフトのダウンロード】
RunFdData(Word版) のダウンロード・インストール(5.0MB)
RunFdData(一太郎版)のダウンロード・インストール(5.4MB)
※ダイアログが表示されたら,【実行】ボタンを左クリックしてください。インストール中,いくつかの警告が出ますが,[実行][許可する][次へ]等を選択します。